boid
爆音上映
boid
boidマガジン
通販
『MADE IN YAMATO』新たな舞台挨拶のお知らせ!
2022.05.26

いよいよ今週土曜日5/28(土)よりK’s Cinemaと横浜シネマリンにて公開となる『MADE IN YAMATO』。5/28と29は両劇場にて監督たちの舞台挨拶があります。K’s Cinemaでは、新たにそれぞれの作品の舞台挨拶も行います。まずは、5/31(火)と6/2(木)に冨永監督『四つ目の眼』チーム、6/1(水)山本英監督『あの日、この日、その日』チームの舞台挨拶が決定!その他の作品も現在調整中ですので、お楽しみに。

 

また、6/4(土)からの関西3館での公開に合わせて、6/4(土)にシネ・ヌーヴォ、6/5(日)に京都みなみ会館と元町映画館にも監督たちが舞台挨拶ツアーで参ります!シネ・ヌーヴォでは、6/3(土)に宮崎監督最新短編『Caveman’s Elegy』の舞台挨拶、そして6/7(火)にはゆるくも鋭い視線のエッセイで人気のライターのスズキナオさんと宮崎監督のトークも。

 

その後『MADE IN YAMATO』は6/11(土)名古屋シネマテークにて宮崎監督(ゲストも予定)、7/3(日)あまや座にて冨永監督の舞台挨拶と続きます!

 

ぜひとも劇場にて監督たちのトークとともに『MADE IN YAMATO』をご覧ください。

 

K’s Cinema
https://www.ks-cinema.com/

5/28(土)・29(日) 14:10の回 上映後
登壇者:山本英、冨永昌敬、竹内里紗、宮崎大祐

 

5/31(火)14:10の回 上映後
『四つ目の眼』チーム
冨永昌敬、円井わん

 

6/1(水)14:10の回 上映後
『あの日、この日、その日』チーム
山本英、村上由規乃、山崎陽平

 

6/2(木)14:10の回 上映後
『四つ目の眼』チーム
冨永昌敬、尾本貴史、福津健創

 

 

横浜シネマリン
https://cinemarine.co.jp/

5/28(土)18:00の回 上映後
5/29(日)11:50の回 上映後
登壇者:山本英、冨永昌敬、竹内里紗、宮崎大祐

 

 

シネ・ヌーヴォ
http://www.cinenouveau.com/
<トーク>
6/4(土) 19:00の回 上映後
登壇者:山本英、冨永昌敬、竹内里紗、宮崎大祐

 

6/7(火)19:10の回 上映後
登壇者:スズキナオ、宮崎大祐
街や暮らしの新たな発見をユーモアあるエッセイで綴るスズキナオさん。さまざまな場所を訪れてきたスズキさんの目に大和市はどう映るのか。音楽好きな同世代の宮崎大祐監督とのフリートーク。

 

スズキナオ
1979年東京生まれ、大阪在住のフリーライター。ウェブサイト『デイリーポータルZ』などを中心に散歩コラムを執筆中。著書に『深夜高速バスに100回ぐらい乗ってわかったこと』『遅く起きた日曜日にいつもの自分じゃないほうを選ぶ』など。

 

●関連上映舞台挨拶
6/3(金) 19:50の回「ニンゲン三部作」上映後
登壇者:宮崎大祐

 

 

京都みなみ会館
https://kyoto-minamikaikan.jp/
6/5(日) 12:15の回 上映後
登壇者:山本英、冨永昌敬、竹内里紗、宮崎大祐

 

 

元町映画館
https://www.motoei.com/
6/5(日) 19:00の回 上映前
登壇者:山本英、冨永昌敬、竹内里紗、宮崎大祐

 

 

名古屋シネマテーク
http://cineaste.jp/
6/11(土) 19:30の回
登壇者:宮崎大祐

 

 

あまや座
http://amaya-za.com/
7/3(日)
登壇者:冨永昌敬

 

 

 

『MADE IN YAMATO』

山本英、冨永昌敬、竹内里紗、宮崎大祐、清原惟
5人の監督が紡ぐ
YAMATOから生まれた5つのストーリー

豊かな自然も特徴的な街並みも産業もない日本のどこにでもある街YAMATO
当たり前の人々の当たり前の暮らしが風景につけた小さな滲みが、今、世界に向けて広がり出す

2021年/ 16:9/ 5.1ch./ 120分
企画:DEEP END PICTURES/製作:大和市イベント観光協会/配給:boid/Voice Of Ghost  (C)踊りたい監督たちの会

https://voiceofghost.com/archives/category/made-in-yamato

 

 

『MADE IN YAMATO』へのコメント到着!
2022.05.21

いよいよ来週5/28(土)より公開となる『MADE IN YAMATO』。5/28(土)、29(日)はK’s cinemaと横浜シネマリンにて監督たちの舞台挨拶も!

 

 

諏訪敦彦さん、佐々木敦さん、筒井武文さん、柴幸男さんよりコメントもいただきました。『MADE IN YAMATO』はどんな作品なのか、ぜひご一読ください!

 

 

『MADE IN YAMATO』

山本英、冨永昌敬、竹内里紗、宮崎大祐、清原惟
5人の監督が紡ぐ
YAMATOから生まれた5つのストーリー

 

豊かな自然も特徴的な街並みも産業もない日本のどこにでもある街YAMATO
当たり前の人々の当たり前の暮らしが風景につけた小さな滲みが、今、世界に向けて広がり出す

 

2021年/ 16:9/ 5.1ch./ 120分
企画:DEEP END PICTURES/製作:大和市イベント観光協会/配給:boid/Voice Of Ghost  (C)踊りたい監督たちの会

https://voiceofghost.com/archives/category/made-in-yamato

 

 

 

 

 

 

<コメント>

 

傷ついた身体がふと感受する空気の速度、日常の空白に侵入する数センチの希望、傍にいるのにはなればなれになる心、レシートの裏面の小さな空白に発見する自由、右目と左目の視界の違いほどのささやかな日常の間隙を通り抜けて、5人の監督たちはまったく違う道筋を辿りながら、YAMATOという小さな場所の出来事を「世界」の感情へと接続してしまう。それは、まるで映画を再発見する旅のようだ。フィクションが嘘であるとは限らない。「MADE IN YAMATO」はあの時、あの場所でしか起きなかった小さな奇跡についての記録映画なのだ。

諏訪敦彦(映画監督)

 

 

大和市には行ったことがない。

今のところ、行く予定もない。

だが、ある意味で、もはや行ったも同然だ。

5通りの映像の大和、いや、YAMATOが乱反射して、俺の脳内に像を結ぶ。

それぞれのある日のある時、YAMATOに居たあいつらと、スクリーンで遭遇する。

パリところどころ、ならぬ、YAMATOところどころ、リリカルにしてハードコアな。

佐々木敦(思考家)

 

 

『YAMATOと5つの謎』というような新本格派的な別題も可能なオムニバス『MADE IN YAMATO』だが、大和市という共通点を除けば、その作品テイストの大きな落差に、作品としての統一感に不安すら覚えるのに、個々の一本が他の四本と関係することで、各々の作品の見え方が変わってくるという、ちょっと他で体験した記憶がない稀有な世界が開けていく。それは「謎」の提示のあり方が、作品の方法論と一体化しているからである。映画の語り(=騙り)の構造を示す富永作品と世界認識の基盤を揺るがす宮崎作品が、2本目と4本目という絶妙な位置に置かれて、観客の批評意識を刺激するというか転倒させていく。その間に置かれた長大な竹内作品は、YAMATOがリヴェットのPARISでもあるかのように、とある女性に陰謀の痕跡を追いかけさせる。導入としての山本作品はフリスビーで、結語としての清原作品はバイクで、人と人との束の間の関係を成立させる。川はあるけど、海はないYAMATO。米軍機が飛び、新幹線が通過するYAMATO。果たして、この世界は開かれているのか、閉じられているのか。この獰猛な5本が一本に閉じ込められていることで、生起する時間こそが最大の謎なのかもしれない。

筒井武文(映画監督)

 

 

私が生業にしている演劇は「存在」が重要だと思う。そして映画は「行動」が重要だと思う。劇中で登場人物がどんな行動をするのか。選択と行動の結果が映画を形作る。しかし『MADE IN YAMATO』は「存在」に着目した映画だ。5本の作品はそれぞれ、今そこになにが「存在」しているか、に注目している。特に『三月の光』は大和という街がどのように「存在」するか、さらには大和に流れる時間の「存在」をも描こうとしていた。しかし、ささやかながらも登場人物は確実に行動をする(あるいはしない)。「行動」を描く劇映画と「存在」を描く演劇とが混ざり合い、最後には映画として着地する独特の作風が見事だった。

柴幸男(劇作家・演出家・ままごと主宰)

 

 

 

 

『MADE IN YAMATO』舞台挨拶レポートを公開!
2022.05.13

5月5日に池袋シネマ・ロサで開催された『MADE IN YAMATO』監督トークショーのレポートがboidマガジンにて公開中です。
5月28日よりの上映劇場&舞台挨拶の情報をご確認の上、ぜひ劇場にてご覧ください!

 

boidマガジン
妄想映画日記 『MADE IN YAMATO』舞台挨拶編
https://magazine.boid-s.com/articles/2022/20220513002/

今回の「妄想映画日記」は、5月5日に池袋シネマ・ロサにて行われた『MADE IN YAMATO』特別先行上映での舞台挨拶の模様をお届けします。登壇者は山本英、冨永昌敬、竹内里紗、宮崎大祐、清原惟の5名の監督。大和市を舞台にした『MADE IN YAMATO』は5月28日より公開です。ツアーのような舞台挨拶情報にもご注目を。

 

『MADE IN YAMATO』

山本英、冨永昌敬、竹内里紗、宮崎大祐、清原惟
5人の監督が紡ぐ
YAMATOから生まれた5つのストーリー

 

豊かな自然も特徴的な街並みも産業もない日本のどこにでもある街YAMATO
当たり前の人々の当たり前の暮らしが風景につけた小さな滲みが、今、世界に向けて広がり出す

 

2021年/ 16:9/ 5.1ch./ 120分
企画:DEEP END PICTURES/製作:大和市イベント観光協会/配給:boid/Voice Of Ghost
(C)踊りたい監督たちの会

 

<舞台挨拶情報>

5月28日(土)~
K’s Cinema
https://www.ks-cinema.com/
<舞台挨拶>
5/28(土)・29(日) 14:10の回 上映後
登壇者:山本英、冨永昌敬、竹内里紗、宮崎大祐
初日先着でパンフレットをプレゼント!(限定数)

 

5月28日(土)~
横浜シネマリン
https://cinemarine.co.jp/
<舞台挨拶>
5/28(土)18:00の回 上映後
5/29(日)11:50の回 上映後
登壇者:山本英、冨永昌敬、竹内里紗、宮崎大祐
初日先着でパンフレットをプレゼント!(限定数)

 

6月4日(土)~
シネ・ヌーヴォ
http://www.cinenouveau.com/
<トーク>
6/4(土) 19:00の回 上映後
登壇者:山本英、冨永昌敬、竹内里紗、宮崎大祐
初日先着でパンフレットをプレゼント!(限定数)

 

●関連上映
5/28(土)~6/3(金)
『VIDEOPHOBIA』(宮崎大祐)、「ニンゲン三部作」<『Caveman’s Elegy』『ヤマト探偵日記 マドカとマホロ』『I’LL BE YOUR MIRROR』>(宮崎大祐)

 

6月4日(土)~
京都みなみ会館
https://kyoto-minamikaikan.jp/
<舞台挨拶>
6/5(日) 12:15の回 上映後
登壇者:山本英、冨永昌敬、竹内里紗、宮崎大祐
予約先着でパンフレットをプレゼント!(限定数)

 

●関連上映
6/4(土)~6/17(金)
「ニンゲン三部作」<『Caveman’s Elegy』『ヤマト探偵日記 マドカとマホロ』『I’LL BE YOUR MIRROR』>(宮崎大祐)
6/18(土)~6/30(木)
特集上映:『わたしたちの家』(清原惟)『小さな声で囁いて』(山本英)『亀虫』(冨永昌敬)『大和(カリフォルニア)』(宮崎大祐)

 

6月4日(土)~10(金) 連日19:00
元町映画館
https://www.motoei.com/
<舞台挨拶>
6/5(日) 19:00の回 上映前
登壇者:山本英、冨永昌敬、竹内里紗、宮崎大祐
初日先着でパンフレットをプレゼント!(限定数)

 

6月11日(土)~
名古屋シネマテーク
http://cineaste.jp/
<舞台挨拶>
6/11(土) 初日舞台挨拶有り
登壇者:宮崎大祐
初日先着でパンフレットをプレゼント!(限定数)

 

7月2日(土)~
あまや座
http://amaya-za.com/
<舞台挨拶>
7/3(日)
登壇者:冨永昌敬
初日先着でパンフレットをプレゼント!(限定数)

 

<劇場情報>
5月28日(土)より新宿K’s Cinema、横浜シネマリン
6月4日(土)よりシネ・ヌーヴォ、京都みなみ会館、元町映画館
6月11日(土)より名古屋シネマテーク、シネマ5
6月14日(火)KBCシネマ 1日限定上映
6月18日(土)より愛媛シネマルナティック
6月25日(土)よりあつぎのえいがかんKiKi、桜坂劇場
7月2日(土)よりあまや座
9月 松本シネマテーク
近日上映:フォーラム仙台、シネマテークたかさき、ほとり座、横川シネマ、YCAM[山口情報芸術センター]、ほか

 

 

『MADE IN YAMATO』作品ページ
https://voiceofghost.com/archives/category/made-in-yamato

 

『MADE IN YAMATO』上映劇場&舞台挨拶のご案内
2022.05.02

5/28(土)よりK’s Cinema、横浜シネマリンにて公開の『MADE IN YAMATO』の上映劇場と舞台挨拶のご案内です。

 

公開に先立ち5/5(木祝)にシネマロサでは、監督5名が登壇する先行上映イベントを開催します!

 

また、5/28(土)K’s Cinema&横浜シネマリン、6/4(土)シネ・ヌーヴォ、6/5(日)京都みなみ会館&元町映画館、6/11(土)名古屋シネマテーク、7/3(日)あまや座にて監督舞台挨拶があります!

 

そして、シネマ・ロサ、シネ・ヌーヴォ、京都みなみ会館では宮崎大祐最新作の短編作品集などの関連上映も!

 

ぜひお近くの劇場にてご覧ください。

 

55(木・祝)

池袋シネマ・ロサ2

トークイベント付き先行上映

14:30開場/15:00開演(18:00終了予定)

登壇者:山本英、冨永昌敬、竹内里紗、宮崎大祐、清原惟

料金:2,200円均一(通常の前売券使用不可)

https://www.cinemarosa.net/

 

<関連上映>

57日~13()

『ヤマト探偵日記 マドカとマホロ』

日替わり併映『Caveman’s Elegy』『I’LL BE YOUR MIRROR』『VIDEOPHOBIA MV』(全て宮崎大祐)

 

 

528()

K’s Cinema

https://www.ks-cinema.com/

初日舞台挨拶有り

登壇者:山本英、冨永昌敬、竹内里紗、宮崎大祐

 

 

528()

横浜シネマリン

https://cinemarine.co.jp/

初日舞台挨拶有り

登壇者:山本英、冨永昌敬、竹内里紗、宮崎大祐

 

 

64()

シネ・ヌーヴォ

http://www.cinenouveau.com/

6/4() 19:00上映の回 初日上映後トーク有り

登壇者:山本英、冨永昌敬、竹内里紗、宮崎大祐

 

<関連上映>

5/28()6/3()

VIDEOPHOBIA(宮崎大祐)、「ニンゲン三部作」<『Caveman’s Elegy』『ヤマト探偵日記 マドカとマホロ』『I’LL BE YOUR MIRROR』>(宮崎大祐)

 

 

64()

京都みなみ会館

https://kyoto-minamikaikan.jp/

6/5() 上映後舞台挨拶有り

登壇者:山本英、冨永昌敬、竹内里紗、宮崎大祐

 

<関連上映>

6/4()6/17()

「ニンゲン三部作」<『Caveman’s Elegy』『ヤマト探偵日記 マドカとマホロ』『I’LL BE YOUR MIRROR』>(宮崎大祐)

 

 

64()10() 連日19:00

元町映画館

https://www.motoei.com/

6/5() 上映前ミニトーク有り

登壇者:山本英、冨永昌敬、竹内里紗、宮崎大祐

 

 

611()

名古屋シネマテーク

http://cineaste.jp/

6/11() 初日舞台挨拶有り

登壇者:宮崎大祐

 

 

614(火)1日限定上映

KBCシネマ

https://kbc-cinema.com/

 

 

618()

シネマルナティック

http://cinemalunatic.sx3.jp/

 

 

625()~7月8日(金)

あつぎのえいがかんKiKi

https://atsuginoeigakan-kiki.com/

 

 

625()

桜坂劇場

https://sakura-zaka.com/

 

 

72()

あまや座

http://amaya-za.com/

73() 舞台挨拶有り

登壇者:冨永昌敬

 

 

<近日上映>

フォーラム仙台

https://forum-movie.net/sendai/

 

シネマテークたかさき

https://takasaki-cc.jp/

 

松本シネマセレクト

https://www.cinema-select.com/

 

ほとり座

https://hotori.jp/

 

横川シネマ

http://yokogawacinema.com/

 

YCAM[山口情報芸術センター]

https://www.ycam.jp/cinema/

 

 

『MADE IN YAMATO』
山本英、冨永昌敬、竹内里紗、宮崎大祐、清原惟 5人の監督が紡ぐ
YAMATOから生まれた5つのストーリー

 

2021年/ 16:9/ 5.1ch./ 120分
企画 DEEP END PICTURES  製作 大和市イベント観光協会  配給 boid/Voice Of Ghost
(C)踊りたい監督たちの会

https://voiceofghost.com/archives/category/made-in-yamato

 

 

5/5(木祝)『MADE IN YAMATO』トーク付き先行上映イベント開催!
2022.04.21

5月28日(土)より公開の『MADE IN YAMATO』のトーク付き先行上映イベントを池袋シネマ・ロサにて開催します。
上映後に監督5名のトーク、また入場者全員にパンフレットのプレゼントも。ぜひご来場ください!

 

<トーク付き先行上映イベント>
日時:5月5日(木・祝) 14:30開場/15:00開演 (18:00終了予定)
場所:池袋シネマ・ロサ2(地下劇場)
(豊島区西池袋1-37-12ロサ会館内/池袋西口駅前の地上に出てから徒歩3分)
登壇者:山本英監督、冨永昌敬監督、竹内里紗監督、宮崎大祐監督、清原惟監督
料金:2,200円均一

 

●劇場販売用パンフレットをご入場者全員にプレゼントします
●全席自由席、整理番号順の入場となります
●上映後、監督5名によるトークあり
●4月23日(土)より池袋シネマ・ロサ窓口にて整理番号付きチケットを発売(オンラインでの発売はございません)

https://www.cinemarosa.net/

 

 

『MADE IN YAMATO』
2021年/ 16:9/ 5.1ch./ 120分
企画 DEEP END PICTURES  製作 大和市イベント観光協会  配給 boid/Voice Of Ghost
(C)踊りたい監督たちの会

 

豊かな自然も特徴的な街並みも産業もない、日本のどこにでもある街YAMATO
当たり前の人々の当たり前の暮らしが風景につけた小さな滲みが、今、世界に向けて広がり出す
神奈川県大和市。新幹線が走り東名高速が通り厚木基地に離着陸するジェット機が低空飛行する、どこでもなく、どこにでもつながっている街。そんな大和の地が5つの物語を作り上げた。YAMATOを呼吸した5人の監督たちはいったいどんな物語をそこに何を見たのか? あるいは見なかったのか?

 

Story1 『あの日、この日、その日』 
監督・編集:山本英 出演:村上由規乃 山崎陽平 小川幹郎 ほか
市役所で働くユキは退職する太田さんのために職員たちのビデオレターを撮っている。ある日の休日、ユキは友人の山崎とピクニックに出かける。何でもない特別な日を見つめる物語。

 

Story2『四つ目の眼』
監督・脚本・編集:冨永昌敬 出演:尾本貴史 福津健創 円井わん
麻子は別居している父親にある人物を紹介するために、喫茶フロリダへ誘い出す。そこではその3人と彼らを取り巻く人々の過去や想いが錯綜し……。名物喫茶店を舞台に繰り広げられる奇妙な対話劇。

 

Story3『まき絵の冒険』 
監督・脚本・編集:竹内里紗 出演:兵藤公美 堀夏子 加賀田玲 石山優太
清掃員のまき絵は街中に貼られている同じステッカーに気付き、写真で収集を始める。一体それは何を意味しているのか。ある夜、中学の同級生に再会し、彼女の連絡先を書いた紙を渡される。まき絵の冒険が始まる。

 

Story4『エリちゃんとクミちゃんの長く平凡な一日』 
監督・脚本・編集:宮崎大祐 出演:柳英里紗 空美 本庄司 小川あん
バンド仲間のエリとクミはある日、タイムカプセルに入れるため、大和での生活の動画を撮り始める。その後訪れた恐竜レストランで、右目で見た世界と左目で見た世界の違いを語りはじめるエリ。二人は次第に両目の間の世界へと迷い込んでいく。

 

Story5『三月の光』
監督・構成・編集:清原惟 出演:小山薫子 石倉来輝 田中真琴 南辻史人 ほか
高校を卒業したばかりの莉奈は川辺に佇む。同級生の男がやってきて莉奈にしつこく付き纏うのだが、莉奈は相手にする気もない。「海に行きたい」と莉奈は言う。やってきたバイクに乗せてもらった莉奈は海に行けるのだろうか。

 

5 月 28 日(土)より新宿 K’s Cinema、横浜シネマリンほか全国順次公開

https://voiceofghost.com/archives/category/made-in-yamato

 

 

© VOICE OF GHOST ALL RIGHTS RESERVED.