boid
爆音上映
boidマガジン
通販
『VIDEOPHOBIA』10/24より劇場公開決定
2020.07.22

モントリオール新映画祭での評判を受け、大阪アジアン映画祭での日本プレミア上映が全回ソールドアウトした映画『VIDEOPHOBIA』が 10月24日(土)より K’s cinema、11月7日(土)より池袋シネマ・ロサ、大阪・第七藝術劇場にて公開となりました。また本ビジュアルもお披露目!

 

コロナ禍で休業を余儀なくされ大打撃を受けた全国の映画館での公開を盛り上げるべく実施中のクラウドファンディングもわずか9日間で目標金額に達成しました。7/30まで引き続きサポーターを募集中です。ご支援いただいた皆様に深く感謝を申し上げます。

https://motion-gallery.net/projects/videophobia

 

 

『VIDEOPHOBIA』

ネットワークの落とし穴から迷い込んだ異世界で、追いつめられる主人公の孤立と恐怖
大阪のアンダーグラウンドを舞台にした、モノクローム・サイバー・スリラー!

フランスの巨匠オリヴィエ・アサイヤス、女優の小泉今日子をはじめ、世界が絶賛!
新たなジャンルに果敢に挑む監督のもとに実力派キャスト・スタッフが集結!

 

『大和(カリフォルニア)』『TOURISM』で国内外からの熱い注目を集めた俊英・宮崎大祐監督最新作は、ディープな大阪のさらに奥へと進んだ、異世界で繰り広げられ る、今まで見たことのないモノクロスリラー。29 歳の愛は、一夜を共にした男に情事の動画をネット上にばらまかれたことから精神を失調していく――。自分の映像が世界中に拡散される計り知れない恐怖と、助けを求めても自分を責めるような周りの視線。被害者が否応なく孤立する現状をえぐり出していく。日常の何気ない裂け目から見えてくる、確かに存在する異世界を、モノクロームでとらえた衝撃作が誕生した。

 

ヒロイン・愛を体当たりで演じたのは、サニーデイ・サービス「セツナ」の MV でブレイクした廣田朋菜。さらに『リリイ・シュシュのすべて』で脚光を浴びて以来、独特の存在感を放ち続ける忍成修吾や、イラン出身のタレントで、女優としての活躍も目覚ましいサヘル・ローズの怪演にも注目してほしい。サントラは日本のみならず海外でも人気を誇る BAKU(KAIKOO)、エンディングテーマは大阪出身の大人気ラッパーJin Dogg、ヌンチャクらによるオリジナル曲だ。

 

モントリオール新映画祭での「魅惑的かつ凄惨!」との評を受け、今年3月の大阪アジアン映画祭の国内プレミア上映は全回ソールドアウト。
フランスのアサイヤス監督は「見事な作品!主演女優はとても身体的で、自然で、それでいて神秘的だ。そしてこの映画自体も同様に、シンプルで、エレガントで、明晰で、反復の中に日常生活の神秘とも言える何かを捉えている。」と惜しみない賛辞を送り、女優の小泉今日子は「現代日本の若者のリアルな日常に潜む危うさをスリリングに描きながらも、ヌーヴェルヴァーグの香りがぷんぷん匂う。こういうの私は好きです。」と称賛する。

 

 

【ストーリー】
東京で女優になるという夢破れて故郷・大阪のコリアンタウンに帰って来た 29歳の愛はそれでも夢をあきらめきれず、実家に住み、バイトをしながら演技のワークショップに通っていた。そんなある日愛はクラブで出会った男と一晩限りの関係をもつ。数日後、愛はその夜の情事を撮影したと思われる動画がネット上に流出していることに気づく。その後も連日、その夜のものと思われる動画がネット上に投稿される。自分のものとは断言できないが拡散し始める映像に、愛は徐々に精神を失調し始める――。

 

監督・脚本:宮崎大祐

音楽:BAKU(KAIKOO)

プロデューサー:西尾孔志

撮影:渡辺寿岳

録音:黄永昌

製作:DEEP END PICTURES、十三・シアター・セブン

出演:廣田朋菜、忍成修吾、芦那すみれ、梅田誠弘、サヘル・ローズ、辰寿広美、森田亜紀
2019年/日本/88分/モノクロ
配給・宣伝:boid/VOICEOFGHOST
宣伝協力:クエストルーム株式会社
公式サイト:videophobia2020.com
【Twitter】【Instagram】@VIDEOPHOBIA2020

クラウドファンディング URL: https://motion-gallery.net/projects/videophobia

 

10/24(土)よりK’s cinema、11/7(土)より池袋シネマ・ロサ、第七藝術劇場、他全国順次公開

 

 

 

 

©「VIDEOPHOBIA」製作委員会

© VOICE OF GHOST ALL RIGHTS RESERVED.